お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
どんな場合にも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにも死ぬにも私の身によって、キリストがあがめられることです。
私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。
(ピリピ1:20~21)

聖書通読 ピリピ1章

今日からピリピ人への手紙を通読します。
パウロは第2回伝道旅行の際にピリピで教会を始めました。この教会はヨーロッパ大陸で設立された最初の教会です。
そして、ピリピの教会はパウロがローマの獄中にいる時、エパフロデト(教会のメンバー)にパウロへの贈り物を届けさせました。
パウロは贈り物の感謝を伝えるため、また、彼らの信仰を励ますためにこの手紙を書きました。

ピリピ1章の
「私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。」というパウロのことばは大変印象的です。
これはどのような気持ちからパウロは言ったのでしょうか?

パウロの受けた数多くの苦しみは、簡単なものではありませんでしたし、ローマでの獄中生活も大変くるしかったので、「そろそろ天国に行きたい」とパウロは思ったのでしょうか?

いえ、そうでは無く、地上はイエス様の福音を宣べ伝えるために自分にとって素晴らしいところ。
でも、天には御父とイエス様、そして先に天に帰った旧約の聖徒たちもいるのですから、もっとすばらしいところと思っていたのだと思います。

ですから、獄中で生きているパウロにとって、ピリピの教会からの贈り物は大変うれしかったことでしょう。

それに答えるようにパウロは「獄中にあってもわたしはあなたがたを愛し贈り物に感謝しています。
ここで死ぬかもしれませんが、生きるのも死ぬのもキリストの福音のためと、わたしは喜んでいるんですよ。」とパウロを心配しているピリピの人達をむしろ励ましているのだと思います。
獄中の中にあっても神様を喜び、賛美するパウロの姿に現在のわたしたちも大変励まされます。

先日84歳の姉妹とお話をする中で、姉妹が「世の中戦争や災害とどんどん悲惨なことが起こり終末が近付いていますね。」とおっしゃり、創世記の初めからバベルの塔の聖書の話をわたしに淡々と話しておられましたが、穏やかな表情の中に、キリストに在るクリスチャンの平安を見せていただいたように思い感謝でした。

神様、この84歳の姉妹のように、今の環境に左右されない、内にある幸いを噛みしめつつ歩めるクリスチャンをさらにこの地上に増やしてくださいますようにお願いいたします

ピリピ1:8~11
「私が、キリスト・イエスの愛の心をもって、どんなにあなたがたすべてを慕っているか、そのあかしをしてくださるのは神です。
私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、
あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく、
イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現されますように。」

今日もみことばに感謝して、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。
アーメン

2017 12/17

写真
ピリピの遺跡群
前356年アレキサンダーの父マケドニヤ王フィリッポス2世が自分の名前からピリピと命名した
d0100239_06231625.png

# by yuuchinpuutan | 2017-12-17 06:22

完全な者に。

終わりに、兄弟たち。喜びなさい。完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。
(第2コリント13:11)

聖書通読 第2コリント13章

第2コリントも最後の章になりました。
ここでのパウロの願いは、コリントの教会の兄弟姉妹が、それぞれ聖徒にふさわしく、「正しい行いをしてもらいたい」ということでした。

9節で、「私たちはあなたがたが完全な者になることを祈っています」と書いています。

第1コリントの手紙では、パウロはコリントの教会の間にねたみや争いがあることを指摘して、あなたがたは肉に属し、ただの人のように歩んでいると言いました。

第2コリントの手紙ではコリントの教会が誤った歩みをしていることにパウロは苦しみ、何とかしてコリントの人々が本当の福音に立ち戻ってほしいという願いのもとに手紙を書きました。

わたしたちは教会生活の中にあっても、不愉快な思いをしたり、怒りを感じたりすることもありますが、互いに考え方や感じ方の違いを赦し合い、認め合い、穏やかな気持ちを持って平和を保つことができますように。

愛の神様はわたしたちの弱さを補ってくださいますから、さまざまな問題があっても、主の御前に静まることができることを感謝します。

どうぞわたしたちの思いをきよめ、神様の御前に引き上げてくださいますようにお願いいたします。

ガラテヤ5:25~26
「もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。
互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。」

今日もみことばに感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン。

2017 12/16

サントゥアリオ・デッラ・マドンナ・デッレ・ラクリメ(シチリア島、イタリア)
d0100239_07004499.jpeg

d0100239_07005908.jpeg

# by yuuchinpuutan | 2017-12-16 06:59