お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

神との平和

ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。
(ローマ5:1)

聖書通読 ローマ5章

ローマ書1~4章でパウロは繰り返し、人は信仰によって義と認められると語っています。

そして、5章からは、このようにイエス様を信じて救われた人は、どのようになるかが語られています。

1節で「神との平和を持っています。」とあります。
つまり、信仰によって罪赦されたわたしたちは、神様と和解をしてやっと平和になるのです。

それまでは、自分の罪から来る苦しみに支配されていました。

それが、信仰によってわたしたちは聖霊をいただき、患難さえも喜ぶ力が与えられるとパウロは言っています。それは、神の愛が私たちの心に注がれているからでしょう。

ここから考えたことは、平和は家庭でも、教会でも、 学校でも、職場でも、わたしたちが生きていく上で最も重要なことです。
その平和をもたらしてくださるのが神様です。
この神様の平和は、私たちの主イエス・キリストによって、与えていただけます。

正直わたしにはまだ患難を喜ぶほどの信仰はありませんが、患難に向かう勇気、力は頂いていると思います。
それは、この御言葉を信じているからです。
ローマ5:3~4
「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出す。」

そして、5節で
「この希望は失望に終わることがありません。」とあります。

わたしはこの御言葉が好きでわたしの希望にしています。

患難さえも喜べる力、それこそが信仰による力です。主イエス様を信じる者には、このような力が与えられることを心から感謝します。

詩篇119:71
「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。 私はそれであなたのおきてを学びました。」

今日もみ言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン。

2017. 6/25
d0100239_06422890.jpg

# by yuuchinpuutan | 2017-06-25 06:41

アブラハムの信仰

そのようなわけで、世界の相続人となることは、信仰によるのです。それは、恵みによるためであり、こうして約束がすべての子孫に、すなわち、律法を持っている人々にだけでなく、アブラハムの信仰にならう人々にも保証されるためなのです。「わたしは、あなたをあらゆる国の人々の父とした」と書いてあるとおりに、アブラハムは私たちすべての者の父なのです。
(ローマ4:16)

聖書通読 ローマ4章

4章において、パウロはアブラハムを例に取りながら、信仰によって義とみなされることはどういうことなのかを説明しています。

アブラハムに神が与えたアブラハム契約は、アブラハムが多くの国民の父となること、そして全世界の人々は彼によって祝福されるということでした。そして、イエス.キリストはアブラハムの家系からでて、全世界の人はキリストによって祝福をうけました。

 アブラハムは神が命じられたように、父の故郷を離れて、まだ知らない土地に行きました。そして、彼の生涯のひとり子イサクをささげるように命じられ時は、それに従おうとしました。
もしこれらのことで義と認められたのであれば、アブラハムは誇ることができます。けれども、そうではなくて、「アブラハムは神を信じた。それが彼の義とみなされた。」とあります。

わたしたちに大切なことは、罪を犯したことを認め、神の赦しを求め、赦していただいたことを信じるならば、わたしたちは義と認められます。
イエスさまは喜んで赦してくださるのです。
第1ヨハネ1:9
「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」


ここから教えられること。
クリスチャンにとって、礼拝を捧げること、祈ること、聖書を読むことは大変大切ですが、それがなかなかできない人を批判したり裁いてはいけないということです。
信じているかどうかは神様がご存知だからです。

わたしたちに大切なことは、神の力を信じて生きることです。この生ける神との交わりを、自分自身の生活の中で日々行う者されますように。

ローマ8:28
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」

今日もみ言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン。

2017 6/24
d0100239_07093280.jpg

# by yuuchinpuutan | 2017-06-24 07:08