お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

2017年 04月 30日 ( 1 )

礼拝

神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。
(ヨハネ4:24)

今日は聖日ですから礼拝に出席します。
礼拝とは神様の前にひれ伏すもので、わたしたちの霊の姿勢を表します。

わたしたちは日曜に教会に集まり共に礼拝し、皆で神様のみことばを聞きますが、礼拝は個人的なものでもあり、教会の一員であっても、それぞれの信徒がそれぞれ神様の前に正しい姿勢で向かっていることが大切です。

わたしは先週受付の奉仕でしたが、周りに気を配る方に集中して、賛美やメッセージに集中できなかったので、夕方の礼拝にもう一度出席しました。

「霊とまことによって礼拝する」には神様中心の心が必要です。

パウロはわたしたちにローマ12:1~2で、「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい」と言っています。

日々の生活の中でこの世と調子を合わせていた自分の心が礼拝によって、神様中心の心に変わって、霊によって礼拝する時、わたしたちの心に平安があります。

神様を礼拝しようとする時、わたしたちの気を散らす事が心に浮かびますが、そのような思いで心が乱されないように聖霊が守ってくださいますように。

そして、聖日だけでなく毎日の生活の中でも神様に礼拝を捧げることができますように。
礼拝はわたしたちの現在の悩み、ストレスから解放し、天への希望に目を向けさせてくださいますから、わたしたちは日曜の礼拝だけでなく、日々祈りと賛美をもって神様と共に歩む者とされますように。

今日わたしたちの教会は総会があります。
一人一人が「霊とまことによって」礼拝することによって、祝福をいただき、キリストの体である教会を建てあげていくことができますように。

ローマ12:4~5
「一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。」

今日も御言葉に感謝して救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン。

2017. 4/30
d0100239_06162203.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-04-30 06:15