お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

2017年 11月 01日 ( 1 )

神のみこころは?

「カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」
(ルカ20:25)

聖書通読 ルカ20:20~26

 律法学者たちはイエス様を陥れる機会を狙っていました。なぜなら、イエス様の行動と非難によって、彼らの権威はとても傷つけられたからです。
その彼らの次なる作戦は、20節
「義人を装った間者を送り、イエスのことばを取り上げて、総督の支配と権威にイエスを引き渡そう、と計った。」とあります。

間者はイエス様の教えを真摯に聴く民衆を装って、21節「先生。私たちは、あなたがお話しになり、お教えになることは正しく、またあなたは分け隔てなどせず、真理に基づいて神の道を教えておられることを知っています。」と、かなりイエス様をヨイショしています。
しかし、その正体はイエス様はわかっておられました。
その間者がイエス様にききました。22節
「ところで、私たちが、カイザルに税金を納めることは、律法にかなっていることでしょうか。かなっていないことでしょうか。」

ユダヤ人はローマに税金を払っていましたが、その税金は異教徒であるローマ帝国を支えていたので、ユダヤ人は怒っていました。

ですから、「イエスがユダヤ人の味方をすれば、イエスを反逆者として通報しよう。もし、税は払うべきだと言ったら民はイエスを裏切者と呼ぶだろう。」というのが律法学者たちの作戦でした。

そこで、イエス様の答えが、25節の
「カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」でした。
つまり、どちらでもなく、彼らの作戦は失敗したのでした。

ここから考えたこと。

 わたしたちは生活を守り支えてくれる日本の政府に税金を払っています。
これも神様がわたしたちの生活を守るために、お立てになったものと思い税金も感謝して納めたいものです。
けれども、もし政府が神の御心に反した道を進んでいると判断したらこれに反対すべきです。

これが今のわたしたちがするべき「カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」ということだと思います。
わたしたちは政治のことで意見を戦わせて対立するのではなく、政府が正しい政治をするように祈り、わたしたち自身は日々の神様の導きと恵に感謝して、清く正しく生きる努力をしたいものです。

わたしたちはどれだけ神様にいただいた恵を神様にお返ししているでしょうか?

ローマ12:1~3
「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。
この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。
 私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」


今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 11/1





d0100239_08075682.png


by yuuchinpuutan | 2017-11-01 08:06