お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 1084 )

放蕩息子

あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちに喜びがわき起こるのです。
(ルカ15:10)

聖書通読 ルカ15:1~31

神様の愛について、イエス様は「いなくなった羊」「なくなった銀貨」「いなくなっていた息子」の喩え話で人々に教えられました。

有名な喩え話なので、何度も読み、メッセージを聞いていますが、じっくり考えていると、この喩え話の共通点がわかって来ます。
イエス様が喩えを続けてお話なさるほど大切なことです。

それは、神様は悔い改めた罪人を大変喜ぶということです。

神様は子供であるわたしたちを、どのようになっていても尊い存在に見ていてくださり、どのような人も失われることを深く悲しまれるです。

今日は「いなくなっていた息子。放蕩息子」の喩え話の中で、兄が父に対して怒っているところを読んでいて、ずっと以前に教会学校に来ていた中学生のクリスチャンの女の子の言った言葉を思いだしました。

「優さんは、初めて教会に来た子を大歓迎してすごく優しくして、ずっと以前からいるわたしたちにはそんなには優しくしてくれない。初めてくる子が羨ましい。。」

その時は口にはだしませんでしたが、心の中で『何を言いだすんだこの子は。。。ずっとこんなに可愛いがって大切にしてきたのに。。』と思ったのでした。

今考えると、その時のわたしはその女の子のその思いを受け止めてあげられなかったと思います。

イエス様は放蕩息子の喩えの中でこうおっしゃっています。

ルカ15:31~32「父は彼に言った。『子よ。おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。
だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

その時のわたしはしっかりと神様の愛を伝えるより、神様より自分の愛を知ってもらえないことにがっかりしたのだと思います。

わたしたちは子供だけではありません。教会生活の中でも人の愛を求め、それによって満足したり、腹を立てたりします。

初めて教会に来た人のことも、好きなタイプ、苦手なタイプというような目で見てしまうことがあります。
それではパリサイ人と同じです。

先に救われたわたしたちは、イエス様の失われた人への思いを共有し、彼らを探し、どのような人も喜んで迎えることができますように。

ヨハネ3:16
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 10/17

レンブラント 「放蕩息子の帰還 」1666-1668年頃
d0100239_06204890.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-18 06:20

自分の十字架

さて、大ぜいの群衆が、イエスといっしょに歩いていたが、イエスは彼らのほうに向いて言われた。
「わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、わたしの弟子になることができません。
自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません。
(ルカ14:25~27)

聖書通読 ルカ14:15~35

イエス様について歩く多くの群衆の中で、いったいどのくらいの人がたとえ死ぬことがあっても信仰を守り通す覚悟でいるでしょうか?

このイエス様のおことばはわたしたちクリスチャンに「覚悟をもってわたしについてきますか?」と向けて語られています。

わたしたちはいのちはもちろんですが、家族や友人、仕事、財産など本当は手放したくないものがたくさんあります。
愛するものをいつもそばにおいて、それを見ていたいのです。

しかし、イエス様はそれを捨てて、さらに、苦しい十字架を背負ってわたしに従いなさいとおっしゃっているのでしょうか?
いいえ。そうではないと思います。

「神様がわたしたちが握って離さなかったものを、信仰をもって手放した時、神様はさらにもっと良いものを下さるんだ!」と信じて、わたしについてきなさいとおっしゃっておられるように思います。

わたしはクリスチャンになり、すぐ、アブラハムの息子イサクを神様に捧げる信仰に感動して、わたしもそのような信仰を願いましたが、実際は本当に辛く心配なものです。

しかし、今は子供の信仰に励まされていることを思い、神様がくださった家族を感謝しています。

神様からいただいた恵みに感謝し、試練にあってもゆるぎない献身と希望をもって、イエス様の後をついて行く者でありますように。

マタイ10:39
「自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 10/17
d0100239_06390658.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-17 06:38

サムエルLive

昨日は西東京市の教会の秋の伝道Liveにサムエルがゲストとして出させていただきました。

d0100239_07522995.jpg

メッセンジャーは中村穣先生。
d0100239_07532397.jpg

我が家と中村穣先生の出会いは、娘が高校生の時でした。

娘が何処かの教会でギターを弾いて歌っていた穣先生の証と歌を聴いて、
「お母さん、今日はすごい人に会ったよ。」
と言ったことから、わたしはちょうど教会学校のお泊まり会のゲストメッセンジャーを探していた時だったので、
「この人だっ!」とピーンと来て、教会の先生方に相談してお願いしたのが初めての出会いでした。

1回目の打ち合わせに我が家に来ていただき、お食事をしていただきましたが、主人とも意気投合。本当にすてきな出会いでした。

サムエルのことも友人として、ずっと応援してくださり、昨日は久しぶりにご一緒させていただきました。

d0100239_07535138.jpg


このような機会を作ってくださった神様に感謝いたします。
そして、サムエルを以前から知って応援してくださっていた教会の皆さま、先生や役員の皆さまに心から感謝いたします。

わたくしもお交わりの時に皆さまからいろいろなお証を伺い、また、意外な共通点や出会いがあり、神様の導きを感じ大変恵まれました。

d0100239_07543085.jpg

d0100239_07545367.jpg






それから、駆けつけてくださった皆さま。
いつもお祈りで支えてくださっている皆さま。心からありがとうございました。




d0100239_07551576.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-10-16 07:51

自分を引くする者

聖書通読 14:1~13

なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。
(ルカ14:11)

イエス様はパリサイ人の家に招かれた時、招かれた客たちが上座を選んでいる様子に気付いておられ、人々に披露宴の最上の席に自分から座らないように喩え話をされました。

この喩え話は喩えであってもわたしたちが学ばなければならないマナーでもあると思いました。

わたしたちは、招かれた時、自分が何処に座るかを瞬時に判断しなければ、座ってから居心地が悪かったり、後悔したり、ある時は非常識に思われたりするからです。
イエス様は喩え話の中で、
14:10
「招かれるようなことがあって、行ったなら、末席に着きなさい。そうしたら、あなたを招いた人が来て、『どうぞもっと上席にお進みください』と言うでしょう。そのときは、満座の中で面目を施すことになります。」
とおっしゃいました。

つまり、わたしたちはいつも人の前に謙虚にへりくだっている姿は美しいし、見せかけだけでなく、真に謙虚で心清い人は、いつもイエス様を見上げ、自分の罪深さを知り、自分の限界を理解している人だと思います。

また、神様からいただいている賜物を自慢せず、それを誰かのために使い仕えることが大事です。

そして、だれに仕えることがベストかというと、あなたにお返しの出来ない人にしなさいとイエス様はおっしゃいました。
見返りを求め無い。
それが真に仕えることです。

そのような人を神様は、キリストの再臨の日に高くしてくださるのです。

マタイ18:3~4
「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。
だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。」

マタイ6:20~21
「自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 10/16

フォード・マドックス・ブラウン《ペテロの足を洗うキリスト》
d0100239_07501323.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-16 07:49

天国の門

聖書通読 ルカ13:1~35

イエスは彼らに答えて言われた。「そのガリラヤ人たちがそのような災難を受けたから、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い人たちだったとでも思うのですか。
そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。
(ルカ13:2~3)

わたしたちが死を思う時、この世での最後の死を思います。この地上での命が全てと思い「死んだら一巻の終わり」と思っているわけです。

そして悲劇的な事件、「死」を罪と関連させる人もいます。人々は死に方を問題にしているのです。
それをイエス様は指摘なさいました。
そして、イエス様は「あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」とおっしゃいました。

イエス様のおっしゃる「滅び」とは「第二の死」のことです。
人間の肉体的な死が「第一の死」で、その死は、最終的・決定的なものではなく、「第二の死」は「永遠の死」「地獄」なのです。
しかし、自分の罪を知り、悔い改め、イエス様を自分の救い主と信じた人は「永遠のいのち」を神様からいただけます。
そして「永遠のいのち」をいただいたクリスチャンであれば、人の死に方によって、人を裁いたりはしません。
「あんな奴はろくな死に方はしない。」と相手に対する憎しみをそう言う事で自分の気持ちをおさめたりするのは、「永遠のいのち」があることを信じていない人です。

わたしたちクリスチャンも信仰告白をして洗礼を受けたから救われて「永遠のいのち」を必ずいただけると思っていたら、それは間違いです。

イエスは言われました。
ヨハネ15:2
「わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。」

実を結ぶ人とは神様の御言葉を大切にして、人を赦し愛そうとする人です。
人に哀れみを持って助けの手を伸ばす人です。

わたしも日々の行いを主の前に悔い改め、地上でのいのちから、永遠のいのちへ繋げる歩みをしたいと思います。

マタイ7:12~14
「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。
狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン
d0100239_07483165.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-16 07:47

土曜のバザー

d0100239_07354901.jpg


小雨☔️が降る中、教会バザーにたくさんの方がいらっしゃいました。

d0100239_07362345.jpg


d0100239_07364536.jpg


家族、友人、通りがかりの方、教会に初めて入った方などなど。

d0100239_07372573.jpg


d0100239_07380334.jpg

d0100239_07383830.jpg


d0100239_07454261.jpg

d0100239_07463321.jpg
楽しそうな教会員😆✨

食べ物、美味しいと好評でした。✨✨✨

d0100239_07390551.jpg


d0100239_07393173.jpg


d0100239_07395029.jpg

d0100239_07401963.jpg



by yuuchinpuutan | 2017-10-16 07:34

和解

聖書通読 ルカ12:35~59

あなたを告訴する者といっしょに役人の前に行くときは、途中でも、熱心に彼と和解するよう努めなさい。そうでないと、その人はあなたを裁判官のもとにひっぱって行きます。裁判官は執行人に引き渡し、執行人は牢に投げ込んでしまいます。
(ルカ12:58)

わたしたちはすぐ人と争ってしまいます。
腹が立つと攻撃し、攻撃されればやりかえす。
あの人が嫌いだなんだのと言って、自分の気持ちを自分で悪い方向にもっていきます。

そんなわたしたちにイエス様は、
「このようなことで、人生の大切な時間を浪費していけません。自分のプライドを捨てて和解に努めないと取り返しのつかないことになりますよ。」とおっしゃっているのではないかと思います。

ルカ12章は、『神の裁きによって裁かれてしまってはもう遅いから、裁きが行われる前に、主イエス様を信じ、神様と和解し、神の裁きがいつあってもよいように御言葉によって備え、隣人に宣教しなさい。』ということを譬えで言っておられるように思います。

ヨハネ3:18
「御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。」

ヨハネ3:36
「御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

最後の審判
「ウィリアム・ブレイク作 18世紀」
d0100239_07332145.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-16 07:32

明日はバザー

明日は教会でバザーがあるというのに、雨ですかぁー?!

恵みの雨になりますように。✨😆☔️✨

写真は去年のバザー。
こんな感じでね!

🐼今年も同じ服を着よう。🤣

d0100239_18594685.jpg

d0100239_19000339.jpg

d0100239_19002497.jpg

d0100239_19004457.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-10-13 18:59

油そば

d0100239_12144341.jpg


d0100239_12150066.jpg

パンダ亭🐼
本日はまるちゃんの油そば。

これが美味しいんだなぁ。

冷凍食品半額の日に買ってあったものです。

乾燥ニンニクと乾燥ネギの薬味をかけてみた。
おいちかった。

まるちゃんの油そば!
本当においしい!
食べてみてね。

まるちゃん。宣伝してあげたぜぃ。🤗
by yuuchinpuutan | 2017-10-13 12:13

金持ちのたとえ話

聖書通読 ルカ12:13~34

何はともあれ、あなたがたは、神の国を求めなさい。そうすれば、これらの物は、それに加えて与えられます。
(ルカ12:31)

ルカ12章のこの箇所はわたしたちにとって、非常に現実的な問題です。
わたしたちの大きな悩みの1つにお金の問題があります。

今、お金が無い人はもちろん、ある人もあるがゆえに、お金が原因でかかえる問題もあるでしょう。

最近、近所で金銭のトラブルから発砲事件があり人が亡くなりました。
お金を貸した返さないから殺人事件にもなるのです。

わたしはお金をしみじみと見て
「なんで世の中にこんなものがあるんだろう。。こんな紙切れに人間は支配され、戦争まで起きる。。」と思うことがありました。

しかし、このお金がなければ今日の食べ物も買うこともできず餓死して死んでしまうのです。
世界には今日も食べ物が無く飢えで死んでいく人もあり、働かずに毎日贅沢をして遊んで暮らしている人もいます。
なんと不公平な世の中だろうと思うわけです。

しかし、イエス様は、ルカ12:15
「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」とおっしゃって、ある金持ちの話から、『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』と、神様にいのちを取られる金持ちの話をなさいました。

そして「自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」とおっしゃったのです。

そして、イエスさまは12:31「何はともあれ、あなたがたは、神の国を求めなさい。そうすれば、これらの物は、それに加えて与えられます。」とおっしゃいました。

つまり、神の前に富む者となって欲しい、神との交わりの「豊かさ」こそを求めて欲しいとイエス様は願われたのでした。

そして、弱く悩むわたしたちに
「小さな群れよ。恐れることはない。あなたがたの父は、喜んであなたがたに御国をお与えになるからです。」と保証してくださいましたから、明日の糧を心配して大切な与えられた今日を無駄にしたりせず、感謝して喜びと希望を持って過ごしたいと思いました。

ルカ6:20~21
「イエスは目を上げて弟子たちを見つめながら、話しだされた。「貧しい者は幸いです。神の国はあなたがたのものだから。
いま飢えている者は幸いです。やがてあなたがたは満ち足りるから。
 いま泣く者は幸いです。やがてあなたがたは笑うから。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 10/13

金持ちのたとえ話", オイル バイ Rembrandt van Rijn (1606-1669, Netherlands)
d0100239_10023810.png

by yuuchinpuutan | 2017-10-13 10:01