お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あれから。。。

あや母が天に召されてから11日が経ちました。
ぜんぜん実感が無くて、今も部屋に廊下に母の姿が見えるようです。

夜は音がするとあや母がトイレに行ったような錯覚がします。

ちょこちょこ母の部屋に入り、母の飾っていたものや使っていた物を見ていると母の気配を感じます。
気配ではなくて、わたしの中の母の記憶、思い出ですね。

正直。。。29年間、嫁姑でほんとうに色々苦しい事もありましたけれど、それがあったからこそ、母もわたしも救われました。
母は両親がクリスチャンだったので子供の頃から教会に行っていましたが、救われたのは76歳でした。結婚してから教会にはまったく行っていなかったのです。
子パンダが赤ちゃんの時、パンダが教会に行きたいと言ったら、「教会は奉仕が大変だから行かない方がいい。」と母に止められたこともありました。

その母と一緒に家族全員で教会に行ったのが今から14年前です。

神様は脱出の道よりもすばらしい、救いの道を備えて下さいました。

クリスチャンになってからも、もめる事はありましたし、母の事を嫌いになることもありました。でも、いつも神様が憐れんで下さって母と向かい合わせて下さいました。
絶対出来ないと思っていた母との賛美の時間も簡単に持てる事が出来たのが奇跡でした。
人前では絶対お祈りしなかった母が二人でお祈りするようになりました。
認知症になってからです。

天に召される前の一ヶ月は自宅で介護して、お互い目で会話出来る程に関係が回復されました。これも神様からの母と私への愛のプレゼントだと思います。

また私たち家族の為にお祈りして下さったり、心配して連絡をくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。
d0100239_8115357.jpg

by yuuchinpuutan | 2010-07-16 08:13

あや母。天に。

みなさま。パンダファミリーのあや母が7月5日に天に召されました。90才でした。


4月14日に大腿骨骨折。 手術後、自宅で介護していましたが食べ物が食べられなくなり老衰で亡くなりました。

自宅での一ヶ月間は、子供たちや孫、曾孫が代わる代わる来て、お別れの時を持ちました。

教会の方々も来て下さり、クリスチャンではない姉達との出会いの時になりました。

母も最愛の息子のパパパンダに優しく介護されてすごく嬉しそうでした。
「大好きなわたしの坊や」と言っていましたよ。


わたしは天に召される前日、母と二人で居るときにお祈りをして「主我を愛す」を賛美しました。
その時に「お母さん。もうすぐイエスさまのところに行けますよ。安心してくださいね。
先に天国に行って待っていてください。」と話したところ、母はじっとわたしの顔を見つめていました。

母との29年間の生活。実の親と居るより長い生活でした。
後日またあや母のことを日記に書きます。

これまで支えて下さったみなさま。ありがとうございました。
d0100239_2111532.jpg


家。
d0100239_2121787.jpg

by yuuchinpuutan | 2010-07-12 21:03