お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

<   2017年 07月 ( 60 )   > この月の画像一覧

夫と娘とマロちゅ。

d0100239_16282435.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-31 16:27

マロ介のつぶやき。

d0100239_16270542.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-31 16:26
義理の息子サムエルが書きました。
シェアします。
d0100239_05544522.jpg

My churchー大好きな教会堂ー

新会堂が建ってから、毎週日曜日教会に行くのが今まで以上に楽しみになりました。

牧師の父のVISION(祈り)と、妻の父、すなわち僕にとっての義理父のVISION(設計図)が天の父のVISION(永遠の計画)の下で合わさって、このような具現化した形が生まれました。

たくさんの祈りと捧げもの、そして一流の職人の手によってこの会堂は建てられました。この地上での生涯が許される間、この会堂を私はずっと大事にしていきたいと思います。

もし主の御心ならば、父の後を継いで、、、

主の大きな恵みに只々感謝で一杯です。



by yuuchinpuutan | 2017-07-31 05:53

復活

イエスは彼らに答えて言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」
そこで、ユダヤ人たちは言った。「この神殿は建てるのに四十六年かかりました。あなたはそれを、三日で建てるのですか。」
しかし、イエスはご自分のからだの神殿のことを言われたのである。
それで、イエスが死人の中からよみがえられたとき、弟子たちは、イエスがこのように言われたことを思い起こして、聖書とイエスが言われたことばとを信じた。
(ヨハネ2:19~22)

聖書通読 ヨハネ2:12~25


「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」
これは、イエス様が宮きよめ(人々が神の宮を市場に変えてしまったことに対してイエス様が怒られたこと)の後、言われた言葉です。

ユダヤ人はイエス様が神の宮を指して言っていると解釈しましたが、そうではなく、十字架に架かり3日目に蘇られたご自分の体についておっしゃいました。
マタイ12:6
「あなたがたに言いますが、ここに宮より大きな者がいるのです。」

イエス様は宮より大きなお方です。

ユダヤ人も弟子たちさえも、その時はイエス様のおっしゃることが分かりませんでしたが、弟子たちはイエス様の復活後、この意味が分かり、イエス様は神様であると確信しました。

ここで学ぶこと。
私たちは今起きていることが何なのか、ちっとも分からず、困惑したり、不安になったり、絶望的な思いになったりしますが、信仰によって必ず分からせてくださり、神様を褒め称える時が来ると信じます。

当時ユダヤ人には旧約によって救い主の預言をされていましたが、イエス様の弟子たちもイエス様の蘇りを直接目撃して信じました。

現代のわたしたちには聖書の旧約と新約をいただいていますから、日々御言葉を読み、わたしたち自身も復活させていただく時を待ち望みたいと思います。

ヨハネ12:16
「初め、弟子たちにはこれらのことがわからなかった。しかし、イエスが栄光を受けられてから、これらのことがイエスについて書かれたことであって、人々がそのとおりにイエスに対して行ったことを、彼らは思い出した。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン




d0100239_05492102.jpg


by yuuchinpuutan | 2017-07-31 05:48

奇蹟

イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。
(ヨハネ2:11)
聖書通読2:1~11

イエス様の1番始めの奇跡は、カナでの婚礼に出席した時に、水をぶどう酒に変えたことでした。
イエス様のなさった奇蹟の目的は、イエス様の神性を明らかにして、人々がイエス様を信じるためでした。
ワインが切れて、心配した母がイエス様になんとかしてもらおうと言いにきた時、「あなたは、わたしと、なんの係わりがありますか」とおっしゃいました。

この言葉はイエス様を人としてみると冷たく感じますが、母に対して親子の関係を否定したものではなく、これから行おうとしておられる奇蹟は、母と子という人間のつながりで行われるものではなく、イエス様が神様の主権で行われるものだということを現すための言葉であったと思います。

そして、母マリヤはそのイエス様の言葉に気分を悪くせず、
ヨハネ2:5
母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」と言いました。

母マリヤはイエス様が神の御子であることを知っていたからでしょう。

ここから学ぶこと。

わたしたちクリスチャンは、人生において、納得しないこと、「なんでわたしが?」と思うようなことがあっても、イエス様の主権の中で起こっていると信じ委ねることができますように。

また、そのワインが今までより最良のものであったように、わたしたちの人生もイエス様を信じる信仰により、最良のものになっていくと信じたいと思います。

イザヤ43:13
「これから後もわたしは神だ。 わたしの手から救い出せる者はなく、わたしが事を行えば、だれがそれを戻しえよう。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 7/30
d0100239_05283185.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-30 05:28

ラテンジャズ

d0100239_05222607.jpg
今日は入江アミーゴスビッグバンドライブに行って来ました。
ビッグバンドは2回目。
d0100239_05230428.jpg

d0100239_05233100.jpg



実力派が勢ぞろい。素晴らしかった!

ラテンジャズは楽しいですね。

d0100239_05241094.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-30 05:21
その翌日、またヨハネは、ふたりの弟子とともに立っていたが、イエスが歩いて行かれるのを見て、「見よ、神の小羊」と言った。
ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。
(マタイ1:35~37)

聖書通読 ヨハネ1:35~51

バプテスマのヨハネの使命は、人々が待望していた救い主がイエス.キリストであることを知らせ、イエスに向かせることでした。
1番はじめにイエスについて行ったのが、バプテスマのヨハネの弟子のアンデレとヨハネの福音書の記者ヨハネでした。

ここで学んだこと。
二人の先生であるバプテスマのヨハネの言葉「見よ、神の小羊」を信じ、直ちにイエスに従って行った弟子の信仰と従順さに教えられました。
バプテスマのヨハネはそう望んでいたことですが、人間的に言えば、先生も弟子たちも別れは辛かったと思います。

そして、そのイエスの弟子となった二人はアンデレの兄弟ペテロ、同じ町の出身のピリポ、ナタナエルを誘い、彼らはイエスの言葉を信じてイエスの最初の弟子になりました。

イエス様は、はじめについて来たアンデレとヨハネに、
1:38「イエスは振り向いて、彼らがついて来るのを見て、言われた。「あなたがたは何を求めているのですか。」

と、聞きました。この箇所から考えたことは、わたしが教会に行き始めた頃のことです。

わたしは教会に「何を求めて行ったのでしょうか?」
いろいろな理由が心に浮かびますが、結局わたしの場合は「心を楽にしたい。」つまり重荷を下ろしたかったのだと思います。

イエス様がついて来た2人に「あなたがたは何を求めているのですか。」と聞いたとき、「ラビ(訳して言えば、先生)。今どこにお泊まりですか。」とイエス様の質問に対しての答えとしてはズレている感じですが、なんだかわたしはその答えに当時の自分を重ねました。

「とにかく、教会に行ってみよう。入ってみよう。話を聞こう。そこにいる人たちを見てみよう。」といった感じだったと思います。

そして、ナタナエルがイエス様に1:49
「先生。あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」と
信仰告白をしたように、わたしの信仰を年月をかけて神様が成長させてくださいました。

そして、信仰を持ったわたしたちにイエス様は語られます。

ヨハネ1:51
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。天が開けて、神の御使いたちが人の子の上を上り下りするのを、あなたがたはいまに見ます。」

神であり、人であるイエス様のお姿を見るまでにしていただけることを、心から感謝します。

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 7/29
d0100239_06314759.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-29 06:31

スイカ

黄色いスイカを食べた。

スイカはやっぱり。。。

赤!!
d0100239_20253453.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-28 20:25

北海道醤油ラーメン

本日のパンダ亭。

パパちゃんが、
「最近ラーメンが多いね。うどんが食べたい。😯」
とのことで、次回はうどんにいたしまする。
d0100239_12394872.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-28 12:39

ひまわり

もしおそくなっても、それを待て。 それは必ず来る。遅れることはない。
(ハバクク2:3)

ひまわり、大好き。
いつも神様に顔を向けていたいよ。

🙆‍♂️📷写真は友人の松田康輔兄のを使わせてもらいました。
d0100239_12283168.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-07-28 12:27