お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ユダ

ところが、弟子のひとりで、イエスを裏切ろうとしているイスカリオテ・ユダが言った。
「なぜ、この香油を三百デナリに売って、貧しい人々に施さなかったのか。」
しかしこう言ったのは、彼が貧しい人々のことを心にかけていたからではなく、彼は盗人であって、金入れを預かっていたが、その中に収められたものを、いつも盗んでいたからである。
(ヨハネ12:4~6)

聖書通読12:1~11

イエス様は過越の祭の6日前にベタニアに来られ、生き返ったラザロと共に晩餐の席におられました。
その時、姉のマルタは晩餐の給仕をしていました。
そこに妹のマリヤがやって来て、イエス様の足に大変高価なナルドの香油300グラムを塗り、彼女の髪の毛でぬぐったのでした。
そのナルドの香油の量は、一年の賃金に値するほどでした。

それを見た弟子のイスカリオテのユダは、「なぜ、この香油を三百デナリに売って、貧しい人々に施さなかったのか。」とマリヤをいさめました。

しかし、イエス様はヨハネ12:7
「そのままにしておきなさい。マリヤはわたしの葬りの日のために、それを取っておこうとしていたのです。」
と、おっしゃったのでした。

この時、弟子たちの金入を預かっていたユダは大変もっともなことを言っていますが、実はユダは個人的に使用するために、弟子たちのお金に手を付けていたのでした。

ここで思ったことは、
イエス様は神様ですから、ユダのしていたことは全てご存知でいらしでしょう。しかし、何もおっしゃいませんでした。

むしろ、マリヤのしたことを通して、ユダに大切なことを教えなさいました。

これは貧しい人を無視する事でもなく、イエス様を救い主であると信じることを高価なナルドの香油によって公にしたマリヤの行いであると教えたのでした。

しかし、その意味が分からず、イエス様を信じることができなかったユダは、間も無く自分の先生であるイエス様のいのちを銀貨30枚で売ってしまうのでした。
当時奴隷1人がだいたい銀貨30枚。
賃金だと3ヶ月分のようです。
高価な香油をイエス様に捧げたマリヤとユダのしたことはなんという違いでしょう。

ここから学ぶこと。

神様は日頃わたしたちのよくない行いも全て見ていらっしゃって、すぐには止めることはなさらず、何度も優しく語りかけ悔い改めるチャンスをくださっています。

しかし、神様からのチャンスを無視して、ユダのように自分のやっている間違いを隠すために、また、認めたくないために、もっともらしい理由を付けて、人を批判して自分を正しい者のように見せたり、こうなるのは○○のせいだと、人や物事のせいにしているのではないでしょうか?

わたしも人間関係において注意しなければなりません。

もし、このようなことを日々行い続けるとサタンは大変喜びます。
サタンに支配され身を滅ぼすことが無いように、わたしたちはみ言葉を実践することに努めなければならないと教えられました。

ヨハネ3:18~21
「御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。
そのさばきというのは、こうである。光が世に来ているのに、人々は光よりもやみを愛した。その行いが悪かったからである。
悪いことをする者は光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、光のほうに来ない。
しかし、真理を行う者は、光のほうに来る。その行いが神にあってなされたことが明らかにされるためである。」

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 8/17
d0100239_06543958.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-17 06:53

メガネ屋の店員

みなちゃま、聞いてけろ。👂

今日、ビックリしたことがあったのです。

教会のそばのメガネ屋さんに行きました。
メガネを作るの7年ぶり😮。
ここビックリするとこじゃないんだけどね。😌

半額SALEをしていたので行ってみました。😃

お店ガラガラ。わたしだけ。

ちょっとふっくら系のお兄さんが、メガネ探したり、視力を測ったり、
ま、担当してくれたわけなんですが、新人なんだか、ちょっとモタモタ、間違いチョコチョコ。😯

そうしたら、そばにいたベテランおばちゃん社員がその都度、彼をバカにするのです。😒

「さっきお客様が言ってらしたでしょ!」

「いい加減に値段覚えなさいよ。」

「何探してんの!!」

「緊張してんだか、ぼけっとしててすいませんね。」と、わたしに。😮

たしかに頼りないけど、客の前でその発言ないでしょ。ねぇ?

それにしても、あの彼、お腹の中は煮えくりかえっているんでしょうねぇ。😤
お察しします。。

ところで、帰る時お店の入り口まで見送ってくれたんだけど、彼、人の目を見ない。

わたし、心の中で
「挨拶する時は相手の目をちゃんと見ようよ。」と、言っていた。😛

ベテランおばちゃんの気持ちが分かった感じがした。😑
d0100239_16422067.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-16 16:41

悪人さえも

しかし、彼らのうちのひとりで、その年の大祭司であったカヤパが、彼らに言った。「あなたがたは全然何もわかっていない。
ひとりの人が民の代わりに死んで、国民全体が滅びないほうが、あなたがたにとって得策だということも、考えに入れていない。」
ところで、このことは彼が自分から言ったのではなくて、その年の大祭司であったので、イエスが国民のために死のうとしておられること、
また、ただ国民のためだけでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死のうとしておられることを、預言したのである。
(ヨハネ11:49~52)

聖書通読ヨハネ11:45~57

ラザロが生き返ったことで、ユダヤの宗教指導者はますますイエス様を殺そうとしました。
イエス様の奇蹟はしばしば騒動を起こしたので、そのことをローマが問題視してユダヤ人を攻撃してくることを恐れたからでした。

そのことに対して、ヨハネ11:49~50の大祭司のカヤパが語ったことばは、イエス様の死を説明するために神様によってカヤパが用いられたのでした。

カヤパはイエス様を捕らえ、不法な裁判を行い、ピラトにイエス様を十字架に架けるように迫り、復活の真相をも隠そうとし、クリスチャンを迫害した人です。

その人が、神様に用いられてイエス様の死の目的を語っていることに驚きます。

ここから学ぶこと。
わたしたちクリスチャンにも、誰しもが経験する喜びも悲しみも試練もあります。
憎むべき存在もわたしたちの前に現れるでしょう。
しかし、神様はそのことすらも用いてご自分の御心をなされるということです。
神はカヤパのような最も身勝手な人間の口を用いてさえご自身の計画を進められました。

ですから、今おきていることに振り回されないように、常に霊的な目を持って冷静に見て判断したいと思いました。

また、たとえ、自分の今の立場が悪くなっても正しいことを語る口として神様に用いられますように。
大切なのはイエス様との交わりのうちに歩むことだと思います。

エペソ1:17~19
「どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。
また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、
また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」

今日もみ言葉から励ましをいただけることを感謝し、イエス.キリストの御名によってお祈りします。

アーメン。

2017 8/16
d0100239_16352487.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-16 16:33

蘇るイエス様

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
(ヨハネ11:25~26)

聖書通読 ヨハネ 11:17~44

イエス様がなさった奇蹟の7つ目は死んだラザロをよみがえらせたことでした。

イエス様はこれまで何故、いくつもの奇蹟を人々の前でなさったかというと、人間には決して排除できないことに対して力を持っているということを示して、人々がイエスさまを神様だと分かり、救い主だと信じるためでした。

その奇蹟の中で一番の奇蹟が死んだラザロが生き返ったことだと思います。

この奇蹟からわたしたちは、イエス様にはいのちと死を支配する力がある、創造主であることが分かります。

イエス様はラザロの死に際に間に合いませんでした。

イエス様が愛したラザロのために、飛んでいらして、助けて下さると姉のマルタとマリヤは信じていましたから、何故イエス様が遅れていらしたのか理解に苦しんでいました。

そして、イエス様のお話をいつも聞いてたマルタとマリヤでしたが、弟の死を大変嘆き悲しみ、イエス様にうったえました。

これはわたしたちクリスチャンの姿であると思います。

マルタはイエス様の、「あなたの兄弟はよみがえります。」11:23
と、いう言葉に、「私は、終わりの日のよみがえりの時に、彼がよみがえることを知っております。」11:24
と、応答したように、イエス様を救い主と信じていても、わたしたちは、「もっと生かして欲しかった。。」と神様に訴え嘆き悲しみます。

ですから、今日のみ言葉はいつもわたしたちがイエス様に問われていることだと思うのです。

いつも心に置いていても、わたしたちは愛する人の死、別れに心乱し、悲しみ、どん底に落ちてしまいますが、

「イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
(ヨハネ11:25~26)と、問われています。

イエス様はこの時、マルタ、マリヤ、駆けつけた人々の深い悲しみに共感し涙を流され、彼らの不信仰に、こころの動揺を感じられましたが、
「父よ。わたしの願いを聞いてくださったことを感謝いたします。
わたしは、あなたがいつもわたしの願いを聞いてくださることを知っておりました。しかしわたしは、回りにいる群衆のために、この人々が、あなたがわたしをお遣わしになったことを信じるようになるために、こう申したのです。」
そして、イエスはそう言われると、大声で叫ばれた。「ラザロよ。出て来なさい。」(11:41~43)と、父なる神様にお願いしてラザロを生き返えらせてくださいました。

そして、その様子を見てたくさんの人がイエス様を神様だと信じました。

わたしたち人間は必ず全ての人がいつか死にます。愛する人との別れが必ず来ます。

しかし、イエス様を信じる信仰によって、その悲しみを乗り越えることができますように。

ヨハネ14:18~20
「わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは、あなたがたのところに戻って来るのです。
いましばらくで世はもうわたしを見なくなります。しかし、あなたがたはわたしを見ます。わたしが生きるので、あなたがたも生きるからです。
その日には、わたしが父におり、あなたがたがわたしにおり、わたしがあなたがたにおることが、あなたがたにわかります。」

この素晴らしい保証を感謝し、救い主イエス.キリストの御名によってお祈りいたします。

アーメン。

2017 8/15
d0100239_08124466.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-15 08:11

スイカ

Samのパパが作ったスイカを食べました。みずみずしくておいしい。
スイカを作る牧師。
ピーマンとナスも!!😆✨
d0100239_20175899.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-14 20:17

髪を、切る

みなちゃま、聞いてけろ。👂

何十年ぶりかで髪を短く切りましたが、うちの旦那さんは、
👞「髪染めたの?」と、聞いたきりでした。

👠「髪は染めてないよ。。。」

👞「ふーん」

だって。。?それだけ。。。

切って、パーマかけましたから。
染めるのだけしてませんよ。😅

建物はちょっとの違いも見逃さないのにね。
女房の髪型の違いがわからない。
あ、ひょっとして。。分かっているけど言いたくない?とか?

そうだ!そうに違いない。

。。。。。

ま、いっか!😜
d0100239_16500406.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-14 16:49

生き返ったラザロ

イエスはマルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた。
そのようなわけで、イエスは、ラザロが病んでいることを聞かれたときも、そのおられた所になお二日とどまられた。
(ヨハネ11:5~6)

聖書通読 ヨハネ11:1~15

イエス様の愛された家族というと、マルタ、マリヤ、ラザロの姉弟を思います。
イエス様は神様ですから全ての人を愛されていますが、人間でもあるイエス様は人としての感情から特にこの姉弟を愛しておられたように思います。
それはこの三人がイエス様を神様であると信じ信頼し愛していたので、イエス様もそれに答えていらしたのだと思います。

その姉弟のラザロが病気で死にそうだという連絡がはいりました。
ヨハネ11:3
そこで姉妹たちは、イエスのところに使いを送って、言った。「主よ。ご覧ください。あなたが愛しておられる者が病気です。」

「あなたが愛しておられる者。。」
この主への自分たちに対する愛を信じで疑わない姿勢をわたしたちも持つことが出来ますように。
そのようになれる人は本当に幸いな人だと思います。

イエス様を信じ助けを求めた時、イエス様はわたしたちが想像もできなかった方法を差し出してくださいます。

ここでも、イエス様はわたしたちが想像できない行動を取られました。ヨハネ11:5~6
「イエスはマルタとその姉妹とラザロとを愛しておられた。
そのようなわけで、イエスは、ラザロが病んでいることを聞かれたときも、そのおられた所になお二日とどまられた。」

ここで、「何故?」と思うのは、「イエス様、愛しておられたら、すぐ飛んで行かれませんか?」ということです。
さらに、「愛しておられた。そのようなわけで。。とどまられた。」
とあります。

ここから学ぶことは、イエス様はわたしたちの苦悩を充分にご存知です。しかし、すぐに応じてはくださらず、むしろ、わたしたちの1番望んでいない結果になることさえあります。
しかし、神様の遅延や今のこの状態は主がわたしたちを見捨てたわけではないのです。
ピリピ4:19に、
「私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。」と、ありますから、神様のわたしたちに対する愛を疑わず、確信して神様のベストタイミングを待ち望む者でありますように。

今日も御言葉に感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン

2017 8/14
d0100239_16481062.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-14 16:47

会堂委員会

d0100239_14173353.jpg




d0100239_14181708.jpg

d0100239_14183471.jpg

d0100239_14185307.jpg



日曜。会堂委員会は網戸の張り替えと、子供室の片付けをいたしました。
お昼は天ざるです。

d0100239_14191698.jpg
マチャ撮影。パンダと、ドラえもん。

by yuuchinpuutan | 2017-08-14 14:17

良い牧者

わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。わたしに彼らをお与えになった父は、すべてにまさって偉大です。だれもわたしの父の御手から彼らを奪い去ることはできません。
わたしと父とは一つです。」
(ヨハネ10:28~30)

聖書通読 ヨハネ10:1~42

イエス様はわたしたちを羊、ご自分はその羊を守る良い牧者であると表現なさいました。
マタイ10:11
「わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。」

羊を守る囲いでイエス様は門の役割をなさり、救いを求めて来た羊を門の中に入れてくださり守ってくださいます。

この箇所から考えたこと。
それは、以前教会に来ていて、今は行方も分からなくなっている子供たちのことです。
神様の門を出て、違う囲いの中にいるのでしょう。
マタイ10:12に、
「牧者でなく、また、羊の所有者でない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして、逃げて行きます。それで、狼は羊を奪い、また散らすのです。
それは、彼が雇い人であって、羊のことを心にかけていないからです。」と、あります。

雇い人の中にも心優しい人はもちろんいるでしょう。
居心地がよく今は幸せにしているかもしれません。
しかし、羊を柵から誘い出したこの世のものは、けっきょく最後は羊を殺します。

しかし、良い牧者のイエス様はいのちを与えてくださいます。イエス様の与えてくださるいのちは豊かで永遠です。イエス様にあるいのちは、赦しと愛に溢れています。

イエス様はご自分の羊、わたしたちを守るため、いのちを犠牲にされました。わたしたちの罪の滅びの身代わりになって死んでくださり、そして蘇ってくださったのです。

ヨハネ10:10~11
「盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。
わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。」

以前子供たちはイエス様の囲いの中でイエス様の声を聞いて知っています。
今もこれからも、イエス様は迷い出た羊の名を呼び、戻ってくるようにおっしゃっておられますから、そのイエス様の声を聞いて、子供たちが再び柵に戻りますように。

わたしたちは、ぎりぎりまで、どん底まで落ちて、死を覚悟するところまでいかないと「神様!わたしを救って下さい!」と叫び声をあげない存在です。
迷い出た羊であるわたしたちは、自分の死を覚悟するところまで落ち込んでやっと気付きます。

その時、わたしたちが今までのことを悔い改め、神様に助けを求るならば、イエス様はすみやかに救いの手を差し伸べてくださいます。

詩篇23篇
主は私の羊飼い。 私は、乏しいことがありません。

今日もみ言葉から励ましをいただけることを感謝し、イエス.キリストの御名によってお祈りします。

アーメン。

2017 8/13
d0100239_07475029.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-13 07:47

みことばカード

明日の教会学校の、みことばカードを作り忘れるところでした。

あぶない あぶない。

あ、突然の眠気。。。

明日は教会の網戸の張り替えをするので、しっかりねておきます。

うまくできるかな?
d0100239_22221763.jpg

by yuuchinpuutan | 2017-08-12 22:20