お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

蒔いた種

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。
(ガラテヤ6:7)
聖書通読ガラテヤ6章から。

この「思い違い」とは、罪の中にいても、神様を信じているから赦していただける。大丈夫だと思っている状態のことでしょうか。

たしかにわたしたちは、行いによらず信仰によって救われていますが、罪を犯したときの悔い改めをおろそかにして、それで平気でいるようなことはないでしょうか?

ガラテヤ6:8には「自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。」とあります。

よく「自分で蒔いた種は自分で苅りとるようになる」といいますが、これは本当にそうです。
わたしたちは子供のころから痛い経験をしています。
罪を神様の前に隠したりごまかしたり出来ません。
犯した罪はいつか明らかになります。なかなか明らかにならなくても、その犯した罪はわたしたち自身の心をいつも苦しめます。

ですから、わたしたちはこの失敗をしないためにいつも御言葉の光で自分の心を照らし調べなければならないのだと思います。

主よ。どうぞ、してはいけないことに気づかせてください。
聖霊がわたしに過ちに気付かせてくれて悔い改めに導いてください。

そして、御霊に満たされて歩む喜びを、いつもお与えくださいますようにお願いいたします。

ガラテヤ6:9
「善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。」

良い種を撒き、その収穫に希望を持って歩む者とされますように。
救い主イエス.キリストの御名によってお祈りいたします。

2017. 5/24
d0100239_15445460.png

# by yuuchinpuutan | 2017-05-24 15:44

御霊の実

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、
柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。
(ガラテヤ5:22-23)

聖書通読ガラテヤ5章

御霊の実を1つ1つ心に思い描いてみました。
これらすべて得ることができたなら、どんなに素晴らしいことでしょう。
とても魅力的な人になり、いつもたくさんの友人に囲まれ、周りの人たちも幸せにすることでしょう。

今まで、このみ言葉を読んでも頭から「無理。無理。人間には罪があるから。」と思っていましたが、今日は違います。
御霊の実はわたしたちに得られないものではなく、そのような実を自分の中に実らせたいと切望するところにわたしたちの希望があると思いました。

なぜならばそれを実らせてくださる聖霊さまがわたしたちの中におられるからです。
御霊によって生きるなら、これらが得られると信じます。

ガラテヤ6:16
「私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。」

生活している中で平安がない時は御霊の実の成長から心が離れている時なので、あらためてこれらのものを願い求め聖霊に導かれる生活を恋い慕うわたしたちでありますように。

それがなかなかできない弱さがありますが、自分の弱さをいつも意識して見つめ、それをイエスさまの十字架の下に持っていって、罪の重荷を降ろさせていただきたいと思います。

いつも主を仰ぎ、御霊の導きを求める従順な姿勢を持ち続けることができますように。

今日はどのような1日になるでしょうか。。。

肉の思いからチャレンジを受けると思いますが、聖霊に導かれて悪い思いに打ち勝つことができますように。

ガラテヤ5:26
「互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。」

ピリピ2:3
「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。
自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。
あなたがたの間では、そのような心構えでいなさい。それはキリスト・イエスのうちにも見られるものです。」

み言葉に生きる者とされますように。

御霊の実を実らせる希望をいただいたことに感謝して、救い主イエス.キリストの御名によってお祈りいたします。

アーメン。

2017. 5/23
d0100239_06373729.jpg

# by yuuchinpuutan | 2017-05-23 06:36