お暇な時に見てね


by yuuchinpuutan

アブラムの信仰

"そして主は、彼を外に連れ出して言われた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えられるなら数えなさい。」さらに言われた。「あなたの子孫は、このようになる。」
アブラムは主を信じた。それで、それが彼の義と認められた。"
(創世記 15章5~6節)

聖書通読 創世記15章

捕虜となったロトを助け出した後、主のことばが幻のうちにアブラムに臨み、「あなたへの報いは非常に大きい。」とおっしゃいました。

しかし、アブラムはだいぶ歳をとって子供がいなかったので、
「神、主よ、あなたは私に何を下さるのですか。財産の相続はわたしのしもべになるのでしょうか?」とアブラムは神様に訴えました。

そんなアブラムに神様は、夜空のたくさんの星を見せて、「あなたの子孫は、このようになる。」とおっしゃいました。

アブラムは『こんな歳をとったわたしたち夫婦に子供が?』とは思わないで、神様の約束を信じたので、それによって彼は神から義と認められ、全人類の「信仰の父」になりました。
その信仰がアブラムを偉大な人にしたのです。

ここから教えられること。
神様から義と認めていただけるのは、行いや今の状況では無く「神様のみことばを信じる信仰によって」ということが分かります。

わたしたちは、「こんな状況ではもう無理だ!」と諦めていることがあるのではないでしょうか?

「神様はわたしを愛してくださっているから私によくしてくださらないわけが無い!」とわたしたちの神様を愛し信じる信仰を神様は喜ばれ、不可能と思えることも叶えてくださいますから、諦めずに信仰を持って待ち望むわたしたちでありますように。

ローマ人への手紙 4:2~5

"もしアブラハムが行いによって義と認められたのであれば、彼は誇ることができます。しかし、神の御前ではそうではありません。
聖書は何と言っていますか。「アブラハムは神を信じた。それで、それが彼の義と認められた」とあります。
働く者にとっては、報酬は恵みによるものではなく、当然支払われるべきものと見なされます。
しかし、働きがない人であっても、不敬虔な者を義と認める方を信じる人には、その信仰が義と認められます。"

ガラテヤ人への手紙 2:16
"しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。"

今日もみことばに感謝して、救い主イエス.キリストの御名を通してお祈りいたします。

アーメン。

2018 7/19
d0100239_05091592.jpeg

# by yuuchinpuutan | 2018-07-19 05:08

仕事

お仕事で参議院議員会館に行ってました。
会館の中にコンビニがあるんだけど、 変わったものがあります。
ご紹介しますね。

ぱぱちゃんがカリントウがすきだから。
歴代の総理の似顔絵が入っているノートはわたしに。
沖縄の黒砂糖のメロンパンも。
d0100239_05022052.jpeg


d0100239_05023225.jpeg

# by yuuchinpuutan | 2018-07-19 05:01